ウェルビーイング

女性はまだ避妊薬を好む


ウェルビーイング 女性はまだ避妊薬を好む
Anonim

新しい研究は、女性に利用可能な14の避妊方法のうち、大多数がまだピルを好むことを示唆している。

国家統計局によると、16〜49歳の4分の3が2007/08年に避妊の一形態を使用し、28%の女性がこの薬を服用することを選択しました。

家族計画協会はこの発見に疑問を呈し、多くの医師が示唆した最初の選択肢であることから、この錠剤の「好み」が単純である可能性があることを示唆している。

チーフエグゼクティブのジュリー・ベントレーは、錠剤は安全で、効果的で、容易に入手できると認めた。

しかし、14種類の避妊方法があると指摘した。

「使用されている方法と、専門家がすべてを提供するためのより多くの訓練とサポートの間で、均等に分かれていることをもっと見たいと思っています。

調査の結果、女性の91%が「睡眠後の朝」について聞いたが、6%が次の期間まで保護を提供していると誤って推測し、回答者の半数以下が72歳まで効果があることを認識した性交後数時間。

©Adfero Ltd

医師のアドバイス